• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

リー・クアンユー、世界を語る

著者:グラハム・アリソン /
著者:ロバート・D・ブラックウィル /
著者:アリ・ウィン /
訳者:倉田真木

定価:1,870円 (10%税込)
ISBN978-4-7631-3321-2 C0030
四六判上製 本文217ページ
2013年10月15日初版発行
お知らせ
現在、お取り扱いできない商品です。
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

中国の野望とは?
米中は激突するのか?

世界各国の指導者たちから今なお絶大な尊敬を集める、シンガポール建国の父・リー・クアンユー。国際的な難題に直面する現代において、リーの洞察力や独創性、そして戦略的思考がますます注目されています。本書は、世界情勢(国家間の対立や経済動向、グローバル化と民主主義など)の現在と未来の展望について、長時間にわたるリーへのインタビューと過去の著作をもとに、そのエッセンスをまとめたものです。話し言葉によるわかりやすい表現と鋭い指摘の数々に、読者は大いに触発されることでしょう。たとえば、いま最もホットな米中関係の展望から、イスラム原理主義の未来まで、具体的に語られています。また、ヘンリー・キッシンジャーによる序文や、巻頭に寄せられた、リー・クアンユーを師と仰ぐ世界の指導者たち(バラク・オバマを含む歴代米大統領、シラク仏大統領、習近平国家主席、サミュエル・パルミサーノIBM会長、ロバート・ゼーリック世界銀行元総裁ら)の言葉も、リーの偉大さを際立たせています。

目次より

第1章 中国の未来
第2章 アメリカの未来
第3章 米中関係の未来
第4章 インドの未来
第5章 イスラム原理主義の未来
第6章 国家の経済成長の未来
第7章 地政学とグローバル化の未来
第8章 民主主義の未来
第9章 リー・クアンユーの考え方
第10章 むすび 

著者紹介

ハーバード大学公共政策大学院(ケネディスクール)ベルファー科学・国際関係研究所所長・教授。

著者紹介

外交問題評議会(CFR)ヘンリー・A・キッシンジャー外交政策上級研究員。

著者紹介

ベルファー科学・国際関係研究所研究員。

訳者紹介

上智大学外国語学部卒業。シンクタンク勤務を経て翻訳者に。主な訳書に、キャロライン・メイス『癒しはどこからやってくる?』(サンマーク出版)、スティーブン・ホーキング『宇宙の始まりと終わり』(青志社)、ピーター・グリーナウェイ『レンブラントの夜警』(ランダムハウス講談社)、ジョン・グレイ『男は火星人 女は金星人』(ソニー・マガジンズ)、アイリーン・トリンブル『シュガー・ラッシュ』(偕成社)などがある。翻訳専門校フェロ
ー・アカデミー講師。


PR動画


担当編集者より一言

本書を担当するまで、恥ずかしながらこれほどの巨人を知らずにいました。原稿を読み進めるにつれ、日本にはいないタイプのすごい政治家だと、興奮を覚えました。発言をした時期に幅があるので、驚くほど的確に言い当てていることもあれば、必ずしもそうなっていないものもありますが、いずれにしてもその慧眼に驚くばかりです。日本についての記述が少なく、しかもあまり好意的でないところが唯一残念ではありますが、世界情勢を知るための入門書として最適の一冊だと思います。
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る