• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

「不器用」を武器にする41の方法

著者:加藤嘉一

定価:本体価格 1,300円 + 税
ISBN978-4-7631-3270-3 C0030
四六判並製 本文189ページ
2013年7月10日初版発行
お知らせ
現在、お取り扱いできない商品です。
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

僕は「不器用」だからこそ、世界で生き抜いてこられた。
“中国で一番有名な日本人”が明かす、自分をあきらめない力を磨く法。

幼い頃から、ランニングで、毎日弟に負けつづけた。
単語をひとつ覚えるのに、人一倍の時間がかかった。
人とうまく付き合えなくて、孤立することも多かった。
一番になれるものなんてひとつもない。
自分のふがいなさに涙したこともあった。(――はじめにより)
 
著者の加藤嘉一さんは、
高校卒業後に身ひとつで中国へ渡り、
お金もない、友達もいない中で中国語を学んで、
ある日、たまたまテレビ番組でした短いコメントが評判を呼んだことから
新聞やテレビでひっぱりだこの“中国で一番有名な日本人”になりました。
 
こう言うと、
「そんな人には、はじめからすごい才能があったに違いない」
と思われる方もいるかもしれません。
 
でも、そうではありませんでした。
「不器用だからこそ、できなくても、もう一回やってみることを恐れずに挑戦した」
これが、加藤さんがもっていたたったひとつの力だった、といいます。
 
この本には、不器用を武器に変えるために必要な41の方法が書かれています。
「自分は不器用だから、なかなかうまくいかないなあ」と一度でも感じたことのある人は、ぜひ手にとってみてください。きっと勇気をもらえるはずです。

目次より

・才能よりも、「途中であきらめない力」を磨く
・自分を好きにならない
・「国境」という意識を捨てる
・「知らない」ことを武器にする
・一日は30分のイメトレからはじめる
・お金をかけない法が、語学力は伸びる
・自分を削るくらいなら、孤独でいよう
・恐怖とともに生きる

著者紹介

1984年静岡県生まれ。2003年、高校卒業後に単身で北京大学へ留学。同大学国際関係学院大学院修士課程修了。米紙ニューヨークタイムズ中国語版、英紙フィナンシャルタイムズ中国語版、The Nikkei Asian Review、香港紙『亜洲週刊』などで、日本語・中国語・英語の3か国語でコラムを書いてきた国際コラムニスト。復旦大学新聞学院講座学者、北京大学研究員、慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)を経て、2012年8月に、9年半過ごした中国を離れ渡米し、ハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)フェロー2012〜2013となる。日本での主な著書に『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『われ日本海の橋とならん』(ダイヤモンド社)、『脱・中国論 日本人が中国とうまく付き合うための56のテーゼ』(日経BP社)などがある。中国語での著書も多数。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数は150万以上。2010年、中国の発展に貢献した人に贈られる「時代騎士賞」を受賞。世界経済フォーラムGlobal Shapers Community(GSC)メンバー。2013年夏には、「加藤嘉一中国研究会」を発足し、活躍の場を広げている。趣味はマラソン。ボストン在住。

担当編集者より一言

「この本には、成功談だけではなく、失敗も、葛藤も、赤裸々な体験談も、全部を書きたいんです。この本を書くことで、少しでも、これからの世代の力になってほしいんです」。著者の加藤さんからそう言われたとき、心がふるえるような思いでした。
「できれば、かっこいいことを、かっこよく語りたい」そう思うのが、人の性ではないかな、と思います。私なら、自分のことをできるだけかっこよく語りたい。でも、加藤さんはこの本に、自分の恥ずかしかったことも、葛藤も、後悔も、いつも気をつけていることも、うまくいった理由も、すべてをさらけ出してくださいました。読んだあとに「ああ、自分も、明日からがんばろう。まだ、あきらめるには早い」という気持ちになれること請け合いの、思いのこもった1冊です。

読者さまの声

いつも出来事を人生のプラス思考にもっていく姿勢に感動。(愛知県・自営業・男性・68歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る