• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
虹の少年たち
虹の少年たち
著者:アンドレア・ヒラタ /
訳者:加藤ひろあき /
訳者:福武慎太郎
定価:本体価格 1,900円 + 税
ISBN978-4-7631-3232-1 C0097
四六判並製 本文410ページ
2013年10月30日初版発行
お知らせ
現在、お取り扱いできない商品です。
ネット書店で購入する
ネット書店で購入する
twitter facebook

レインボープロジェクトで全国の書店員さんから事前に3000冊の注文をいただいた自信作!
貧しかった、でも、夢があった。苦しかった、でも、充実していた。
インドネシアで500万人以上の人々を
熱狂の渦に巻き込んだ小説がついに日本上陸!
小さな島に、生徒が10人そろわなければ廃校といわれた学校があった。やっと集まった貧しい子どもたちは、誰もが個性的で魅力に溢れていた。若い新人女性教師ムスリマ先生のもと、子どもたちは眠っていた自分の力を次第に開花させていく。そして、今まで決して勝てなかった裕福な名門校との決戦の日がやってきた……。
ハルファン校長は言った――「最大限受け取る人ではなく、最大限与える人になりなさい」と。

目次より

1 十人の新入生 
2 くせ毛の少年 
3 ハルファン校長の最初の授業 
4 不屈の女ムスリマ先生 
5 バベルの塔 
6 城壁都市の少女 
7 遠くから見ると 
8 知の殿堂 
9 クレイジーNo.5
10 ボデンガの涙、リンタンの夜 
11 リンタンの知性は満月のように 
12 マハールのテネシーワルツ
13 安物の腕時計 
14 虹(ラスカル・プランギ)の少年たちとサワン人 
15 雨の中の陶酔感(ユーフォリア)
16 天国の詩(ポエム)とシマワタリドリ
17 悪臭漂う雑貨屋に恋がある
18 マサイの戦士たち
19 マハールの計画的犯行
20 命水(ミアン・スイ)
21 せつない想い(リンドゥ)
22 憂鬱な朝にヒメカッコウは鳴く
23 漆黒のブリトゥナイト 
24 密林に消えた少女を捜せ 
25 プランB 
26 十一人目の仲間 
27 決戦! 知のアリーナ 
28 マハールの秘密結社
29 海賊島奇譚 
30 ショーはもう終わりだ
十二年後 
31 ザール・バトゥ(石の部屋)
32 再びブリトゥン島へ 
33 グドンの没落 
34 新たな希望 
訳者あとがき――ラスカル・プランギ現象

著者紹介

インドネシア・バンカ・ブリトゥン州生まれ。インドネシア大学経済学部を卒業後、イギリスのシェフィールド・ハラム大学にて経済学を専攻し修士号を取得。その後インドネシアに戻り、電気通信会社テレコムセルに勤務。2005年に本作にて小説家としてデビュー。著書に本作のほか『SangPemimpi(夢追いかけて)』『Edensor(エデンサー)』『Maryamah Karpov(マルヤマー・カルポフ)』(以上、ラスカル・プランギ四部作)、『Padang Bulan(パダン・ブラン)』『Cinta di dalam Gelas(コップの中の愛)』の二部作(すべて、Bentang Pustaka 社刊行)があり、これらはすべて英語に翻訳されている。デビュー作である本作『虹の少年たち―ラスカル・プランギ』は国内販売数が500万部に達し、国外でも19か国語に翻訳されている。

訳者紹介

1983年、東京都生まれ。東京外国語大学卒業後、同大学院にて修士号を取得。2006年から1年間、インドネシアはジョグジャカルタにあるガジャマダ大学へ留学。その際、ジャワ島大地震で被災するも傷一つなく助かり、救援物資と音楽を届けるというボランティアに従事。現在は上智大学にてインドネシア語を教えながら翻訳、通訳、さらには歌手、俳優としても活躍の場を広げている。

訳者紹介

1972年、岡山県生まれ。現、上智大学外国語学部アジア文化研究室准教授。専門は東南アジア地域研究(主にインドネシア、東ティモール)、文化人類学。


担当編集者より一言

おもしろさは書店員さんのお墨付きです! 前もってゲラ本を配布し、「3000部の発注をいただけなければ刊行しない」というレインボープロジェクトと名うったキャンペーンを行い、書店員さんの支持をいただき刊行にこぎ着けました。
豊かなインドネシアの自然の中で、個性溢れる10人の少年たちが成長していく様子を見事に描いています。貧しいながらも志高く教育に情熱を燃やすムスリマ先生のもと、子どもたちが裕福な町の学校に対決を挑んでいきます。学ぶことの楽しさと大切さ、前向きに生きることの重要性を思い出させてくれる小説です。
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る