• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
なぜ、「これ」は健康にいいのか?
副交感神経が人生の質を決める
著者:小林弘幸
定価:本体価格 1,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3039-6 C0030
四六判並製 本文223ページ
2011年4月25日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

NHKラジオで反響。続々重版、52万部突破!
「自律神経」をコントロールして健康になる方法を
医学的に解き明かした画期的な書!
人間が生きていく上で「脳」と同じくらい大切なもの、それが「自律神経」です。これまであまりその重要性が知られてきませんでしたが、自律神経が安定して機能するおかげで、私たちは呼吸し、心臓を動かし、毎日健康な状態を維持することができています。この自律神経のバランスを自由自在にコントロールできるとしたら、私たちは生涯にわたって健康に生きることができるといっても過言ではありません。そのための具体的な方法を、自律神経研究の第一人者であるドクターが豊富な事例とわかりやすい説明で語りつくした1冊。数多くのトップアスリートや芸能人を指導してきた経験から、究極の健康法の秘密に迫ります。

目次より

●女性が男性よりも長生きするのはなぜだろう?
●副交感神経の働きを高めることが「最高の健康法」
●季節の変わり目に風邪をひく人が増えるのはなぜ?
●ジョギングよりウォーキングのほうが健康効果は断然高い
●石川遼はなぜタイガー・ウッズの歩き方に着目したのか?
●自律神経のバランスが崩れると、免疫力も低下する
●便秘に悩む人は朝一番にコップ一杯の水を飲みなさい
●「食後に眠くならない食べ方」を知っているか?
●運動するなら、朝と夜、どっちがいいのか?
●呼吸には体の状態を一瞬にして変える力がある


著者紹介

順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。
1960年、埼玉県生まれ。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、順天堂大学大学院医学研究科(小児外科)博士課程を修了後、ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。その後、現職に至る。
20年以上に及ぶ、外科・移植外科、免疫、臓器、神経、水、スポーツ飲料の研究のなかで、交感神経と副交感神経のバランスの重要性を痛感し、自律神経研究の第一人者として、数多くのトップアスリートや芸能人のコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。テレビ朝日系「みんなの家庭の医学」をはじめ、多くの健康番組に出演。わかりやすい医学解説に定評がある。

担当編集者より一言

著者の小林弘幸先生はスポーツ新聞を毎日3紙、チェックしているそうです。なぜですかとお尋ねしたところ返ってきた答えが、「スポーツ選手のコメントは自律神経の研究のヒントになるんですよ」と。そういうわけで、この本の中にも、スポーツ選手の事例がたくさん出てきて、ワクワクしながら読める本になっています。そして、これがすごいのですが、「なぜ、これは健康にいいんだろう?」となんとなく思っていたことを全部、自律神経のバランスで説明して書いてくださっているのです。目から鱗が落ちること、間違いなしの内容となっています。心からオススメする一冊です。
タカトモ

読者さまの声

自律神経の乱れで約半年の間に様々な症状に悩んでいました。特にめまい。この本を読み、治ると言うことが分かり安心しました。まずはゆっくり呼吸し、背筋をのばすことを心がけます。(山梨県・女性・31歳)

医者に行っても治らず、強い薬を処方されることに疑問を感じていましたが、この本で症状が少しずつ改善。もっと早く読みたかった。本当に救いの手がさしのべられた感じです。(東京都・自営業・女性・44歳)

自律神経のバランスを整えることの大切さがよく分かりました。笑顔でゆっくり話すこと、体操、呼吸のしかたなど、簡単に実践できることばかり。読後感がとても心地よく、幸せな気持ちになりました。(東京都・主婦・50歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る